> ニュース > 業界ニュース

量産プレス部品加工工程

2023-09-21

プレス部品の加工プロセスは次のとおりです。

ブランキング→パンチング→トリミング→溝入れ→フランジ加工(曲げ加工)→ブランキング。


1.切断:

図面で要求されるサイズに従って材料を切断し、切断精度は0.1mmです。


2. パンチング:

ドリルビットで材料の中心に穴を開けます。通常、直径φ6mmのドリルビットを使用します。穴の間隔は通常3mm〜5mmです。


3. トリミングと溝入れ:

穿孔された穴は、滑らかに移行するまでヤスリでトリミングされます。材料を切断する必要がある場合は、鋸刃を使用して材料を切断します。


4. フランジ加工、ドロップ加工および完成品検査:


(1) フランジ加工の目的は、製品のエッジを滑らかに美しくすることです。


(2) ブランキングの目的は、バリを軽減し、製品の組み立てを容易にすることです。


(3) 完成品検査の目的は、プレス部品の外観品質、形状、寸法、欠陥の有無を主に検査することです。


5. 注意事項:


(1) 製品の品質確保を前提に、生産効率の向上と生産コストの可能な限りの削減を図る。


(2) 生産工程においては、廃棄物を発生させないために技術的要求事項を厳守して操業する必要があります。